美肌・美白には生活習慣とエイジングケアー!

美白の豆情報

 

美肌モデル

グーグルとその情報提供者

 

目   次

 

□ 美白・美肌が気になる方

 

□ 美肌のためのバランスの良い食事とアンチエイジング

 

□ 皮膚の老化を引き起こす活性酸素

 

□ ヘアケア―が気になる方

 

□ 眼疾患が気になる

 

□ 血圧が気になる方

 

□ 肥満が気になる方

 

□ 活性酸素を予防する抗酸化物質

 

 

関連記事

 

関 連 記 事

関連記事

グーグルとその情報提供者

 

気になる事から選ぶ

 

生活習慣病の習慣とは

 

生活習慣病を防ぐ地中海式食事

 

本当に体に良い5大食品

 

活性酸素が引き起こす病気

 

病気を予防する食品

 

 

ハートマーク

グーグルとその情報提供者

 


美肌・美白には食べ物から体内環境を整え健康生活

 

人間は健康的に生活を営むうえで適切なエネルギーや栄養素を食べ物から摂取し、成長、発育、健康維持していきます。

 

そのため、食べ物から取るエネルギーや栄養素が不足するといろんな病気の原因を作る結果になります。

 

特に現代食生活の食の多様化や欧米食事スタイルの変化にともない、エネルギーの過剰は肥満の原因や、高血圧症や脂肪以上症など様々な生活習慣病の誘因となり、現代社会の健康が社会問題化してきています。

 

また、この肥満、高血圧症 などはストレス障害が原因で、生体内酸化ストレスすることから多くの生活習慣病に陥ってしまいます。

 

その原因と予防策を考えて行く前に、最近この種の情報が科学的に根拠のない情報が溢れている現実です。

 

そこで、数多くの信頼できる研究によって本当に健康に有効な情報について考えていきます。

 

 

科学的なエビデンスで本当に体に良い5大食品群

 

医学的に本当に健康に良い食品

 

数多くの信頼できる研究によって、本当に健康に良い(脳卒中心筋梗塞がんなどのリスクを下げる)と現在考えられている食品は、@魚A野菜と果物(フルーツジュース、ジャガイモは含まない)B茶色い炭水化物、CオリーブオイルDナッツ類の5つがあげることができます。

 

健康に長生きするための科学的根拠に基づいた5つの正しい食品

 

画像をクリックしてください

ナッツ

 

 

オリーブオイル

 

 

炭水か物

 

 

野菜果物

 

 

魚類

 

 

地中海料理

 

 

 

科学的に根拠のない健康情報

 

健康に関する情報がインターネットや情報誌などから入手しやすくなる分、その一方で多くの間違った情報もあふれかえるようになっています。

 

そこで、今、あなたが入手している健康情報が本当に正しい情報だろうか?一度検証してみる必要があります。

 

一見正しそうに思える科学的に根拠のない健康情報

項目1 炭水化物は健康に悪く、食べると太る
項目2 ベータカロチンやリコピンは健康に良い
項目3 果汁100%のフルーツジュースは健康に効果がある

 

炭水化物は健康に悪く、食べると太る」という考え方は、実は正確ではありません。

 

炭水化物の中にも「健康に良く、食べてもあまり太らない炭水化物」(健康に良い炭水化物)と、「健康に悪く、食べると太る炭水化物」(健康に悪い炭水化物)があるからです。

 

「健康に良い炭水化物」とは、玄米、全粒粉、蕎麦のように精製されていない炭水化物のことで、「健康に悪い炭水化物」とは、白米、小麦粉、うどんのように精製されている炭水化物(砂糖もこれに含まれる)のことです。

 

 

 

 

過度の取りすぎは健康に悪いと考えられている食品

 

 

 

@赤い肉(牛肉や豚肉)のことで鶏肉は含まれません。【ハムやソーセージなどの加工肉は特に体に悪い】、A白い炭水化物、Bバターなどの飽和脂肪酸の3つになります。

 

つまり、白米や小麦粉を使った白いパン、うどんといった精製された炭水化物、牛肉や豚肉、バターは避け、玄米や全粒粉を使ったパン、蕎麦、魚、野菜、果物、オリーブオイル、ナッツなどに置き換えることが重要になります。

 

このような食事をすることで、脳卒中、心筋梗塞、がんなどの病気を減らし、健康を維持したまま長生きする確率を上げることができます。

 

注意することは、加工肉、赤い肉、白い炭水化物などは「体に良くない」と説明しているのであって、「食べるべきではない」と主張しているのではないということです。

 

甘いものが好きな人にとっては、甘いものを食べることで幸せな気持ちになり、幸福度が上がるかもしれません。

 

そういう人にとっては、甘いものをゼロにすることで健康にはなるけれども、人生がまったく楽しくなくなってしまうこともあるのです。

 

そのような場合には、幸福度と健康をてんびんにかけて、毎日少量の甘いものを食べるという食事を選択することも合理的な判断です。

 

食事によって得られるメリットとデメリットを十分理解したうえで、何を食べるかを選択すべきです。

 

 

トップページ戻る